ブログリレー
2020年10月
2020年9月
2020年7月
2020年6月
2020年5月
2020年4月
2020年3月
2020年2月
2020年1月
2019年11月
2019年9月
2019年6月
2019年5月
2019年4月
2019年3月
2018年5月
2018年4月
2018年3月
2018年2月
2018年1月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年9月
2017年8月
2017年7月
2017年6月
2017年5月
2017年1月
2016年12月
2016年11月
2016年9月
2016年8月
2016年7月
2016年6月
2016年5月
2016年4月
2016年2月
2016年1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年9月
HOME >  「たばこ税増税」

「たばこ税増税」

2020.9.22

愛煙家にとっては厳しい現実が待ち構えています。

複数年掛けて段階的に上げている「たばこ税」ですが今年の値上げ価格には驚きました。

今年の値上げ価格は「50円」ほどで、JTの主力のメビウスがついに500円を突破し、490円から540円、セブンスターが510円から560円となります。

現在、習慣的に喫煙している割合は全体で17.8%、男女別の見ると男性29.0%、女性8.1%です。

今年の4月1日から改正健康増進法が全面施行され、屋内では原則禁煙、さらに新型コロナウイルス対策として喫煙所の閉鎖や相次値上げなどで愛煙家にとっては肩身が狭く受難続きですが、追い打ちをかけるように1年後の21年10月にも値上げが予定されています。

仮に1日1000円の小遣い亭主にしてみればたばこ代540円、残りが昼飯代等に煙のように消えていくことになります。

それよりも痛手を食うのがたばこ生産農家でこのまま値上がりが続くようではたばこ離れに繋がり、廃業の憂き目になり兼ねません。

愛煙家の皆さん、いくらの金額になったらたばこをやめますか?

私だったら600円が限度かも・・・・・。

by:サブちゃん