ブログリレー
2020年7月
2020年6月
2020年5月
2020年4月
2020年3月
2020年2月
2020年1月
2019年11月
2019年9月
2019年6月
2019年5月
2019年4月
2019年3月
2018年5月
2018年4月
2018年3月
2018年2月
2018年1月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年9月
2017年8月
2017年7月
2017年6月
2017年5月
2017年1月
2016年12月
2016年11月
2016年9月
2016年8月
2016年7月
2016年6月
2016年5月
2016年4月
2016年2月
2016年1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年9月
HOME >  「将棋の豆知識」

「将棋の豆知識」

2020.7.18

皆さん将棋は指しますか?

かく言う私は将棋が好きで相手がいれば指していました。

しかし最近は全くやっておらず、かれこれ10年以上指していないのではないでしょうか?

叔父がアマチュアですが宮崎県の将棋連盟の会長をしていた関係で、20代後半から30代前半までアマチュアの有段者と駒落ちで相手をしてもらったこともあり、“初級”をもらったこともあります。(遠い過去の思い出です。)

ところで将棋と囲碁はどちらが難しいと思いますか。

私は囲碁は打ったこともないので、よく知りませんが、やはり将棋の方が難しいと思っています。

理由としてはマス目こそ違えども、相手の石を取っても使えない囲碁に対し、将棋は相手から取った駒を攻守にわたり使う事ができます。

取った駒で相手の大将を攻めることもできるし、自陣の大将を守ることもできます。

将棋は相手の大将をどちらが先に取るか、それ行けどんどんではなく、自陣を守りながらいかに相手を攻めるのが将棋の醍醐味です。

対局では上座に座った上位者が駒を出したり片付けたりします。

また、取られてはいけない大将となる駒は上位者が「王将」に対し、下位者は「玉将」を使用します。

将棋の上達の秘訣は詰将棋とよく言われますが、詰めが甘いと攻守が一変し、逆転されてしまいます。

相手より何手先まで読みを深くするかも大切です。

「へぼ将棋王より飛車を可愛がる」という言葉もありますが、読みが浅いと攻めてばかりで自陣がどうなっているか分からず、このような結果となります。

将棋と言えば、17歳の天才棋士藤井聡太7段が渡辺3冠に勝利し、新棋聖となりました。

おめでとうございます。

by:サブちゃん