ブログリレー
2020年4月
2020年3月
2020年2月
2020年1月
2019年11月
2019年9月
2019年6月
2019年5月
2019年4月
2019年3月
2018年5月
2018年4月
2018年3月
2018年2月
2018年1月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年9月
2017年8月
2017年7月
2017年6月
2017年5月
2017年1月
2016年12月
2016年11月
2016年9月
2016年8月
2016年7月
2016年6月
2016年5月
2016年4月
2016年2月
2016年1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年9月
HOME >  “風評被害”

“風評被害”

2020.3.7

大分市で30代女性がコロナウイルスに感染したことで、その女性が勤務していた飲食店名が公表されました。

お店やそのの周辺に行った人などへの注意喚起を促すための店名公表でしたが、これを受け、周辺の飲食店ではキャンセルが相次いでおり、自主休業に追い込まれる店も出ているようです。

この女性が勤務する飲食店が入居するビルでは営業を示すテナントの看板照明がいくつも消えています・・・。

近くにある別の飲食店の男性店長は「店を閉めるしかないが、一か月同じ状態が続いたら生活できない。勤務先の店名を出すなら近隣の店舗への対応についても具体的に指示して欲しかった」と語っています。

感染予防に必死な行政側の対応がかえって仇となり、風評被害に繋がるという悲劇が生まれ、繁華街に激震が走っています。

by:サブちゃん