ブログリレー
2020年3月
2020年2月
2020年1月
2019年11月
2019年9月
2019年6月
2019年5月
2019年4月
2019年3月
2018年5月
2018年4月
2018年3月
2018年2月
2018年1月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年9月
2017年8月
2017年7月
2017年6月
2017年5月
2017年1月
2016年12月
2016年11月
2016年9月
2016年8月
2016年7月
2016年6月
2016年5月
2016年4月
2016年2月
2016年1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年9月
HOME >  『第33回 サラリーマン川柳』

『第33回 サラリーマン川柳』

2020.1.27

2020年、第一生命が毎年発表している『サラリーマン川柳コンクール』の優秀作品100句が選出されました。

今年も世相を反映したものが多いようで、昨年日本中を沸かせたラグビーワールドカップの言葉を取り入れたものや働き方改革、そして消費税増税やキャッシュレス決済を題材にした句が多く入選しています。

ラグビーに関しては、「我が家では 最強スクラム 妻娘。」

           「リーチです 昔マージャン 今マイケル。」

消費税増税やキャッシュレス決済では、「おじさんは スマホ使えず キャッシュです。」

                  「消費税 十パー惜しんで 持ち帰り」

働き方改革では、「会議数 減らせないかと 会議する。」

         「長時間 会議で決めた 時短案。」

その他には昨年に昨年末のレコード大賞を受賞したものを題材にした「パプリカを食べない我が子が踊っている。」           

やはり「サラリーマン川柳」といえば、サラリーマンの悲哀や夫婦の悲喜こもごも、日常生活の一コマを川柳にしたものが多く、ユニークさや共感も相まって毎年大きな話題となっています。

ベスト10は5月に発表されます。

by:サブちゃん