ブログリレー
2019年6月
2019年5月
2019年4月
2019年3月
2018年5月
2018年4月
2018年3月
2018年2月
2018年1月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年9月
2017年8月
2017年7月
2017年6月
2017年5月
2017年1月
2016年12月
2016年11月
2016年9月
2016年8月
2016年7月
2016年6月
2016年5月
2016年4月
2016年2月
2016年1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年9月
HOME >  『食品ロス』取り組みへ

『食品ロス』取り組みへ

2019.5.20

売れ残りや食べ残しなど本来食べられるはずの『食品ロス』。

今、この食品ロスを削減していこうという取り組みが広がっています。

国内で1年間に出された食品ロスの数量が約632万トンといわれ、全体の約半分が家庭から、そしてコンビニやスーパーなどの小売店からは10%発生しているといわれています。

この数値は発展途上国など世界の飢餓に苦しむ人々に対する食品援助量のおよそ2倍にあたります。

食品ロスは“もったいない”というだけでなく、企業にとっては“コスト削減”、消費者にとっては“無駄な支出”を減らすことに繋がり、先月行われたG7の環境相会合でも2030年までに、世界全体の一人あたりの食品廃棄量を半減することを目指し、各国が協調して取り組むことで一致しました。

わが国でも食品ロスに向け、本腰を入れて取り組みを始めました。

コンビニ大手3社は2月の節分シーズンに販売された恵方巻きが大量に捨てられるなどの大きな社会となっており、セブンイレブンジャパンやローソンは弁当やおにぎりそしてパンなど500品目については消費期限まで4~5時間を切った時点については電子マネーで購入したお客に定価の5%還元、またファミマは季節商品の販売を完全予約制にするなど、食品ロスの削減に向けた取り組みを始めます。

家庭から出される食品ロスを少しでの少なくするには、冷蔵庫に詰み込むだけ詰み込み、消費期限切れとなる「大量消費・大量廃棄」から「適正消費・最少廃棄」の切り替えが大切になって来るのでは・・・・・。

by:サブちゃん