ブログリレー
2020年10月
2020年9月
2020年7月
2020年6月
2020年5月
2020年4月
2020年3月
2020年2月
2020年1月
2019年11月
2019年9月
2019年6月
2019年5月
2019年4月
2019年3月
2018年5月
2018年4月
2018年3月
2018年2月
2018年1月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年9月
2017年8月
2017年7月
2017年6月
2017年5月
2017年1月
2016年12月
2016年11月
2016年9月
2016年8月
2016年7月
2016年6月
2016年5月
2016年4月
2016年2月
2016年1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年9月
HOME >  チームジャパン

チームジャパン

2018.2.22

熱戦を繰り広げ、感動を与えてくれた平昌冬季五輪も25日に閉幕をむかえます。

日本選手団は金メダル3個を含め、11個を獲得し冬季五輪最多となり、あと1~2個は上積み出来そうです。

特に昨夜行われた女子団体追い抜きパシュートでは、日本4選手のチームプレーの良さで見事金メダルをオリンピックレコードで獲得しました。

冬季五輪前のワールドカップ3大会で次々に世界新記録で優勝してきた日本選手団は優勝候補筆頭に挙げられており、日本のメダリストは高木美帆一人に対し、一方ライバルに挙げられていたオランダには今大会スピードスケート個人で金メダルを含む3つのメダルを獲得した選手が3人もおり、日本の団体と個人のオランダという構図となりました。

パシュートは3人で2400m(6周)滑り、最低でも1人が1周しなければならないルールとなっており、個人種目とは違った難しさもあり、それを見事克服し頂点に登り詰めました。

また、明日はメダルの色が決まる女子カーリングの準決勝、決勝が行われ、セミファイナルで北見LSチームがメダルを掛けて開催国で予選8勝1敗の一位の韓国と対戦しますが、予選で韓国に勝っている日本だけに勝利を信じます。

パシュートと同じようにチームジャパンで一番輝くメダルを期待したいと思っています。

by:サブちゃん