ブログリレー
2018年5月
2018年4月
2018年3月
2018年2月
2018年1月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年9月
2017年8月
2017年7月
2017年6月
2017年5月
2017年1月
2016年12月
2016年11月
2016年9月
2016年8月
2016年7月
2016年6月
2016年5月
2016年4月
2016年2月
2016年1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年9月
HOME >  血管年齢

血管年齢

2018.1.25

血管年齢とは“血管の老化の度合いを表す目安となる指標”で、脳卒中や心臓病にかかる可能性や老化の度合いを知る尺度となります。

血管の硬化は加齢に伴って起こますが、近年年齢が若い人の中にも血管年齢が高い人が増加傾向にあります。

特に20歳代や30歳代の人でも血管年齢の高い人が多く、その理由には食生活の偏りや運動不足など様々なことが関係しています。

ということで、先週フローランテみやざきで産業祭が開催されましたが、その中で血管年齢が測定できるブースがあり、興味半分で測定してもらいました。

人指し指の上下を専門の機器で挟み、20~30秒静止した状態で測定する簡易なもの?(専門の機器はどのようなものか分かりません)です。

昨年流行語大賞にノミネートされたブルゾンちえみさんの「35億」ではありませんが、

なんと私の血管年齢が「33歳」と実年齢より○○歳若いと測定した方が驚いていました。

しかし、その横に長年の喫煙で黒くなっていた肺とそうでないきれいな肺の見本が並べてあり、愛煙家の私にはそちらの方がショックでした。

by:サブちゃん