ブログリレー
2020年5月
2020年4月
2020年3月
2020年2月
2020年1月
2019年11月
2019年9月
2019年6月
2019年5月
2019年4月
2019年3月
2018年5月
2018年4月
2018年3月
2018年2月
2018年1月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年9月
2017年8月
2017年7月
2017年6月
2017年5月
2017年1月
2016年12月
2016年11月
2016年9月
2016年8月
2016年7月
2016年6月
2016年5月
2016年4月
2016年2月
2016年1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年9月
HOME >  『新3K』

『新3K』

2017.8.10

以前、私達の職業である建設業のイメージと言えば、「3K」で「きつい、汚い・危険」の3拍子揃った職業の事でした。

賃金水準が全産業の平均と比べて79%、年間総労働時間が116%、死亡災害の件数は34%を占めています。

このような「3K」職場は敬遠気味で、29歳以下の就労者は1割程度と少なく、高齢化・人手不足で悩みを抱える職場が多いようです。

これを少しでも改善しようと国交省では、将来の担い手を増やす為、「給料が良い・休日が取れる・希望が持てる」の『新3K』を提案しようとしています。

安全性や賃金水準の向上など魅力のある職業への転換が求められ、業界のイメージ向上や特色のある人材育成、情報通信技術を活用したシステム開発など業界を支えようとする取り組みが活性化しています。

by:サブちゃん