ブログリレー
2020年10月
2020年9月
2020年7月
2020年6月
2020年5月
2020年4月
2020年3月
2020年2月
2020年1月
2019年11月
2019年9月
2019年6月
2019年5月
2019年4月
2019年3月
2018年5月
2018年4月
2018年3月
2018年2月
2018年1月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年9月
2017年8月
2017年7月
2017年6月
2017年5月
2017年1月
2016年12月
2016年11月
2016年9月
2016年8月
2016年7月
2016年6月
2016年5月
2016年4月
2016年2月
2016年1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年9月
HOME >  THIS is 大○○

THIS is 大○○

2017.7.5

7月2日に投開票された東京都議会議員選挙で自民党は歴史的な敗北を喫しました。

 逆に小池百合子都知事率いる地域政党「都民ファーストの会」は49議席を獲得し第一党になり、自民党は改選前の58議席を大きく下回り23議席で過去最悪の結果となりました。

 自民党は、前回全員当選した7つある一人区では1議席しか獲得できず、2人区でも数議席の獲得しかできず、3位の次点に入らない現職議員がおり、また都連の重鎮議員もことごとく落選の憂き目に遭いました。

 都連のドンと言われた内田氏の後釜に選ばれた中村彩氏と小池チルドレンの若武者の代理戦争の千代田区選挙区でも大差の得票差で中村氏は敗退しました。

 告示前から大臣の発言や、秘書に対する暴言・暴力などで逆風が吹き荒れており、応援演説に駆け付けた安倍首相にも「帰れ、帰れ」のブーイングや罵声があびせられました。

 一夜明けた選挙結果の放送で敗北の原因の一つはTHISの固有名詞4人にあると報道していました。

 Tは秘書に暴言を吐き・暴力を振るった豊田真由子議員。

Hは加計学園問題の当事者?萩生田官房副長官。

Iは防衛省や自衛隊員を我が物顔で扱った稲田防衛大臣。

Sはヤミ献金問題の渦中のある下村博文幹事長代行。

 THIS is a penならぬTHIS is a be(安倍)

 昨日の放送でこの大○○に入る言葉はなんだったかは一晩寝て忘れましたが、自分では惨敗とか逆風がいいのではと?思っています。

 国政選挙ほどに地方選の開票結果には興味はありませんが、今回の都議選に限っては各党の議席が気になって遅くまで中継を見ていました。

by:サブちゃん