ブログリレー
2020年5月
2020年4月
2020年3月
2020年2月
2020年1月
2019年11月
2019年9月
2019年6月
2019年5月
2019年4月
2019年3月
2018年5月
2018年4月
2018年3月
2018年2月
2018年1月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年9月
2017年8月
2017年7月
2017年6月
2017年5月
2017年1月
2016年12月
2016年11月
2016年9月
2016年8月
2016年7月
2016年6月
2016年5月
2016年4月
2016年2月
2016年1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年9月
HOME >  亀の恩返し

亀の恩返し

2016.6.23

「鶴は千年」「亀は万年」と長寿のたとえになっているように、鶴亀はとても縁起のいいものとされています。

 日本では、おじいさんが罠にかかっている鶴を助け、女性の姿に変え恩を返す「鶴の恩返し」や海岸で子供たちにいじめられている亀を助け、お礼に竜宮城に連れて行かれ乙姫様に歓待を受けた「浦島太郎」のおとぎ話があります。

 先日、社用で近くの県道を走行中(助手席でしたが・・・)道路センターライン付近に動く小さな黒い物体を発見、よくみると亀ではありませんか!

 このまま道路横断でもすれば、あのノロノロ歩行では車に轢かれると思いすぐにUターンしてもらい亀を掴み、歩道隅の草やぶに逃がしてあげました。

 行き交う車やバスも亀の存在に気づいたようで、徐行してくれたおかげで亀の一命が救われた次第です。

 バスを待っていた女性の方がこちらに向かって頭をさげられ、バスに乗車後もこちらの方を見ていました。

 小さな生き物でも生きている限りは生命があります。無駄に殺すことは可哀想でなりません。

 「浦島太郎」ではありませんが、絵にも描けな美しい竜宮城でも案内してもらえたら・・・。

by:サブちゃん