ブログリレー
2020年10月
2020年9月
2020年7月
2020年6月
2020年5月
2020年4月
2020年3月
2020年2月
2020年1月
2019年11月
2019年9月
2019年6月
2019年5月
2019年4月
2019年3月
2018年5月
2018年4月
2018年3月
2018年2月
2018年1月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年9月
2017年8月
2017年7月
2017年6月
2017年5月
2017年1月
2016年12月
2016年11月
2016年9月
2016年8月
2016年7月
2016年6月
2016年5月
2016年4月
2016年2月
2016年1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年9月
HOME >  初代王者まで2勝

初代王者まで2勝

2015.11.18

野球国力№1決定戦世界野球プレミア12で小久保ジャパンは初代王者まであと2勝となりました。

 B組日本は予選リーグ5戦全勝で1位通過し、準々決勝ではA組4位のプエルトリコに9-3で勝利し、準決勝に進みました。

 負けが許されない一戦でマエケンこと前田健太投手が7回無失点に抑え、打っては16打席ノーヒットと不振だった坂本選手の3打点と活躍し、日本の勝利に貢献しました。

 準決勝は舞台を台北から東京ドームに移し、予選リーグ第一戦に勝利した韓国との一戦に望みます。

 先発投手は、前回同様韓国戦で無失点10奪三振と好投した大谷翔平投手が、勝利すれば21日に行われる決勝戦で中4日の間隔で前田健太の登板が予想されます。

 この試合で勝ち上がれば決勝戦はアメリカ合衆国とメキシコの勝者との対決となりますが、予選リーグでどちらにも勝利しているので、初代王者は見えてきます。

 勝負は下駄を履くまでわかりませんが、残り2試合エースの2人に期待したいと思っています。

 

頑張れ小久保ジャパン!

 

サブちゃん